So-net無料ブログ作成
検索選択

キャノンMF511DWとブラザーMFC-L5755DWの違い [家庭用や小型タイプ]

A4複合機で40枚/分でみたら
キャノンMF511DWとブラザーMFC-L5755DWの違い


コピー機能はじめFAX、プリンター、スキャナに
ADFつきです


ほとんど一つに揃った贅沢な複合機です
見た目が違いますが似た2台です


ADFは50枚と同じです


本体の大きさは
ブラザーMFC-L5755DWの方がずいぶんコンパクなようです


最大給紙枚数はキャノンMF511DWが1,600枚
ブラザーMFC-L5755DWが1,340枚


気になるコストですが
これはメーカーからのデータですが

MF511DWが約3.3円
MFC-L5755DWが約2円となってます
(ドラムを含むと2.5円とか)

MF511DWはトナー
MFC-L5755DWはトナーとドラムが消耗品です


気になる価格ですが
MF511DWが8万3千円前後



MFC-L5755DWが8万2千円前後



価格も仕様も似た感じです
最後に

メーカーの話ですが
ブラザーは小型の複合機は力をいれているようです
40枚/分はなかなか評価できます


またブラザーは海外の売り上げが好調のようで
株価もなかなか好調です


対してキャノンといえばレーザープリンターや
インクジェットプリンターのパイオニアです
そして業務用でも複合機を多機種販売しています


のでもうキャノンは複合機では外せないメーカーです
ただ家庭用複合機はブラザーも頑張っているのは事実です


あとはデザインやメーカーとしても安心感
となるのでしょうか?


スポンサーリンク